エラーコード0xc0000225の解決策(Windows 7/8/8.1/10)

症状:エラーコード0xc0000225

PCを起動したら以下の様なエラーが出る。

0xc0000225のBSODのエラースクリーン

0xc0000225のBSODのエラースクリーン

The application or operating system couldn’t be loaded because a required file is missing or contains errors.
File: \Windows\system32\winload.efi
Error code: 0xc0000225

この画面で[ENTER]、[F8]、[Esc]と押しても同じ画面に戻るだけで意味がありません。

このエラーが出る時はHHDの中身をSSDへクローンし換装したときに発生する事があります。

また、HDDからSSDへ中身をクローンしたときに最初は問題なく動作していても、msconfigでセーフモードで作動したあとに、通常作動に戻すために、msconfigにて「通常スタートアップ」を選択したときに、起こります。

最初に(SSDへ換装した後の通常作動時)msconfigを使用したときに、「全般」タブの一番したの「スタートアップのオプションを選択」にて、

[X]システム サービスを読み込む
[X]スタートアップの項目を読み込む
[ ]元のブート構成を使う

のようになっていることがありますが、一番上の「通常スタートアップ」を選択すると、「元のブート構成を使う」にもチェックが入ってしまうのでそれがトラブルの原因かと考えられます。

msconfig

msconfig

PCの機種及び0xc0000225のエラーが起こった時の状態

  • メーカー: マウスコンピューター
  • マザーボード: MouseComputer Co.,Ltd. B75M-D3V-JP (Intel Core i7-3770 CPU @ 3.40GHz)
  • 出荷インストールOS: Windows 8 Core x64 日本語
  • 今回のエラー時のOS: Windows 8.1 Core x64 日本語
  • 出荷時の記録媒体: HDD (1863GB Western Digital WDC WD20EZRX-00DC0B0 (SATA))
  • 今回のエラー時の記録媒体: SSD (Kingston SSDNow V300 Series SV300S37A/240G 2.5″ 40GB SATA III)
  • Windows のインストールはレガシーBIOSではなく、UEFIモードで行われている。

関連OS

  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows 10

修復方法は3つ

好きな方法を選びましょう。

修復方法その1

これで治れば一番簡単で早い。

STEP1:インストールメディアかリカバリーメディアから作動する

Windowsが作動する前にF2、F12、TAB等を押してブートできます。詳しくは、マザーボードのマニュアルをご覧ください。

STEP2:リカバリーオプションを選択する

  1. タイトル:Windows Setup;      選択する項目:コンピューターを修復する(R)
  2. タイトル:オプションの選択;     選択する項目:トラブルシューティング
  3. タイトル:トラブルシューティング;  選択する項目:詳細オプション
  4. タイトル:詳細オプション;      選択する項目:コマンドプロンプト
Windows 8/8.1のインストール画面

最初にWindows 8/8.1のインストールメディアを使いPCを作動させた時に診る画面。
「インストールする言語」、「時刻と通貨の形式」、「キーボードまたは入力方式」と「キーボードの種類」の選択画面。

Windows 8/8.1をインストール画面2

Windows 8/8.1の「今すぐインストール」か「コンピューターを修復する」画面

Windows 8/8.1の「オプションの選択」選択画面

「トラブルシューティング」か「PCの電源を切る」の選択画面

Windows 8/8.1の「トラブルシューティング」選択画面

「PCのリフレッシュ」、「PCを初期状態に戻す」か「詳細オプション」の選択画面

Windows 8/8.1の「詳細オプション」選択画面

「システムの復元」、「イメージでシステムを回復」、「スタートアップ修復」か「コマンド プロンプト」の選択画面

Windows 8/8.1のメディアから作動したコマンドプロンプト

STEP3:コマンド入力

  1. コマンドプロンプトからdiskpartと入力。
    (タイトル:Administrator:X:\windows\SYSTEM32\cmd.exe)

    bootrec /rebuildbcd
  2. 再起動すれば終わり。

修復方法その2

多少面倒ではあるけど、これで治れば次に簡単。ここで行っていることはBCDBOOTにてWindowsのブート修復を行う事。

STEP1:インストールメディアかリカバリーメディアから作動する

Windowsが作動する前にF2、F12、TAB等を押してブートできます。詳しくは、マザーボードのマニュアルをご覧ください。

STEP2:リカバリーオプションを選択する

  1. タイトル:Windows Setup;      選択する項目:コンピューターを修復する(R)
  2. タイトル:オプションの選択;     選択する項目:トラブルシューティング
  3. タイトル:トラブルシューティング;  選択する項目:詳細オプション
  4. タイトル:詳細オプション;      選択する項目:コマンドプロンプト

画面構成はWindows 8.1の場合は「修復方法その1」と同じなので、割愛します。

STEP3:コマンド入力

  1. コマンドプロンプトからdiskpartと入力。
    (タイトル:Administrator:X:\windows\SYSTEM32\cmd.exe)

    diskpart
  2. 続いて
    list volume

    画面はWindows 8.1のもの

    と入力。(タイトル:Administrator:X:\windows\SYSTEM32\cmd.exe – diskpart)

  3. 続いて
    select volume=3

    と入力(タイトル:C:\Windows\system32\diskpart.exe)
    ここではFAT32のパーティション(volume 3)を選択する事。もし、FAT32のパーティションが複数ある場合、ドライブ文字が設定されていないFAT32で250~500MB位のパーティションが選択するべきはずのボリュームである。

    注:ここで選択するべき箇所は、ファイルシステムタイプがFAT32やEFS(EFI System partition)の場合もあり、ボリュームラベルは「(無し)」や「System Reserved(日本語Windowsでは「システムで予約済み」)」、そしてサイズが100MBから500MBである。(サイズが100MB以下の場合は、ディスククローンした時に勝手に縮小された場合があるときなどである。)
    ここのパーティションであるが、Windows 7では100MB、Windows 8.1では350MB、Windows 10では500MB程に増えている。Windows 7→Windows 10にアップグレードしている場合、

    画面はWindows 8.1のもの

    その後、再度list volumeと入力し、Volume 3の文字の左に「*」アスタリスクマークがある事を確認する事。

  4. さらに続いて
    assign letter=Z

    と入力。

    注:上記ではassign letter=ZでドライブレターとしてZを割りつけたが、基本的にlist volumeで表示されたドライブレターで使われていないアルファベットでアレば大丈夫。 上記ではC、D、E、F、G、H、I、Jが使われているので、使われていないZをこの際選んだ、、覚えやすいですしね。

    画面はWindows 8.1のもの

    再度list volumeでVolume 3の文字の右側に「Z」と表示されているかチェックする。

  5. diskpartの画面から出るため、
    exit

    と入力。

  6. コマンド プロンプトに戻った後に、ここでの仕上げとして、最後に、
    bcdboot C:\windows /s Z: /f UEFI

    注意:ほとんどの場合、WindowsはCドライブに設定されているはずですが、確認のためコマンド プロンプトでにCドライブに移動し、

    dir

    コマンドでチェックする事もあとあと問題がある場合、問題を難しくしないために良いでしょう。

    上記画面上ではWindowsフォルダーがCドライブ上にあるので、WindowsがCドライブにインストールされているとわかります。もし、違うドライブ、例:DドライブにWindowsがインストールされており、Cドライブはなぜか何もインストールされていないという稀なドライブ構成の場合は上記BCDBOOTを

    bcdboot D:\windows /s Z: /f UEFI

    と入力すると良いでしょう。私の構成では確認していませんのでこのブログの利用同様、自己責任でお願いします。

    あまりややこしくしたくはないのですが、上記 /f UEFIの箇所はUEFI、BIOS、ALLの選択肢があるますが、このエラーではUEFIかALLを指定してください。

    bcdbootの構文は以下ようになります。以下抜粋もとはコマンドプロンプトのbcdbootのヘルプからです。上記にて使用した情報のみを以下に記載しています。

    bcdboot <ソース> [/l <ロケール>] [/s <ボリューム文字> [/f <ファームウェア>]]

    bcdboot D:\windows /s Z: /f UEFI

    ソース   Windows のシステム ルートの場所を指定します。

    /s     ブート環境ファイルのコピー先となるシステム パーティション
    を指定する、省略可能なボリューム文字パラメーターを指定します。既定値はファームウェアで識別されるシステム パーティションです。

    /f /s    コマンドで使用され、対象のシステム パーティションのファームウェアの種類を指定します。<ファームウェア> のオプションは ‘UEFI’、’BIOS’、または ‘ALL’ です。

    詳しくはbcdbootのヘルプ(bcdboot /help)、もしくは、MicrosoftのウェブサイトのBCDboot のコマンド ライン オプションを参照してください。

  7. ここまで進めばあと残り少しだけです。STEP4へ進みましょう。

STEP4: PCを再起動する

再起動の方法は、PCの電源を切るなり、プロンプトでEXITと入力後、オプションの選択画面に戻る事で再起動が出来ます。ここではSHUTDOWNコマンドは使えません。
以上が問題なく行えていれば一応Windows 7/8/8.1/10が問題なく使えるようになります。

STEP5:オペレーティングシステムを一つだけにする。

本来Windows 8/8.1が一つしかインストールされていないのに、HDDからSSDへ換装したあとにこのような現象が起こることがある。Windows 8/8.1 オペレーティングシステムの選択
正常に戻すためには、二つ目の「Windows 8.1」とだけ書かれているブートオプションは不要である。(ちなみに、一つ目の「Windows 8.1 場所:ボリューム4」は削除してはならない。)そのため、MSCONFIGにてこの「Windows 8.1」(2つ目)の項目を削除すると「オペレーティングシステムの選択」画面が表示されることなく、ログイン画面が表示される。

具体的にシステム構成(msconfig.exe)にて以下の画面通りになるようにすれば問題ない。システム構成:ブート

変更前はこのようになっている。2行目のWindowsの手前に「C:」がない。1行目の「C:\WINDOWS\」は残し、2行目の「\WINDOWS\」の箇所だけ削除する。

Windows 8.1 (C:\WINDOWS) ; 現在のOS; 規定のOS
Windows 8.1 (\WINDOWS)

OTHER 1: 間違った選択をした場合はどうなる?

ブート時に二つ目の「Windows 8.1」を選択すると、かってに再起動後、最初のエラー画面に戻りますが、今回はF9キーが選択できるようになっている。何故なら、先ほどの「オペレーティングシステムの選択」にて二つ選べたからである。もちろん、この画面での選択画面では、F9を押すと、「Windows 8.1 場所:ボリューム4」の方が自動的に作動される。

OTHER 2: 無理やりWindowsの修復を試みるとどうなる?

Windowsのインストールメディアでブートし、以下の手順で「コマンド プロンプト」ではなく、「スタートアップ修復」を選んだ場合どうなるのか?

  1. タイトル:Windows Setup;     選択する項目:コンピューターを修復する(R)
  2. タイトル:オプションの選択;    選択する項目:トラブルシューティング
  3. タイトル:トラブルシューティング; 選択する項目:詳細オプション
  4. タイトル:詳細オプション;      選択する項目:スタートアップ修復

結果的に、修復はできず、以下のようなエラー画面になり、振り出しに戻ることになる。
Windows 8/8.1 「スタートアップの修復」の作業中
Windows 8/8.1 「スタートアップの修復」の失敗

OTHER 3: 無理やりWindowsの修復を試みるとどうなる?

物理HDDから物理SSDへクローンしたあと、DISK2VHDツールにてクローンされたディスク全体を一つのVHDへした後、VirtualBoxにてWindows 8として作動させるとFATAL: INT18: BOOT FAILUREと表示されて先に進めない。Windows 8/8.1 HDDからSSDへクローン後のVirtualBoxでのブートエラーもちろん、ここで上記OTHER 2にてスタートアップの修復を行っても解決はされなかった。
For English version, please look at the following URL

http://goo.gl/ZQXIuz (http://itsolutionsblog.net/solution-to-your-pc-needs-to-be-repaired/)

Although, it is a little different, then from my Japanese version, the steps to follow are the same, but proceed with caution at all times when fiddling around with system files.

If the direct English version of my Japanese version is in need, please leave a comment below.


問題のエラー:

「PCをブートしたら以下の様なエラーが出た。」

0xc0000225のBSODのエラースクリーン

0xc0000225のBSODのエラースクリーン

The application or operating system couldn’t be loaded because a required file is missing or contains errors.
File: \Windows\system32\winload.efi
Error code: 0xc0000225

この画面で[ENTER]、[F8]、[Esc]と押しても同じ画面に戻るだけで意味がありません。

このエラーが出る時はHHDの中身をSSDへクローンし換装したときに発生する事があります。

また、HDDからSSDへ中身をクローンしたときに最初は問題なく動作していても、msconfigでセーフモードで作動したあとに、通常作動に戻すために、msconfigにて「通常スタートアップ」を選択したときに、起こります。

最初に(SSDへ換装した後の通常作動時)msconfigを使用したときに、「全般」タブの一番したの「スタートアップのオプションを選択」にて、

[X]システム サービスを読み込む
[X]スタートアップの項目を読み込む
[ ]元のブート構成を使う

のようになっていることがありますが、一番上の「通常スタートアップ」を選択すると、「元のブート構成を使う」にもチェックが入ってしまうのでそれがトラブルの原因かと考えられます。

msconfig

msconfig

修復方法その3

修復方法その2と同じく多少面倒。行っていることは、Windowsのインストールメディアからbootsectを用いてブートセクタを修復を試みる。

STEP1:インストールメディアかリカバリーメディアから作動する

Windowsが作動する前にF2、F12、TAB等を押してブートできます。詳しくは、マザーボードのマニュアルをご覧ください。

STEP2:リカバリーオプションを選択する

  1. タイトル:Windows Setup;     選択する項目:コンピューターを修復する(R)
  2. タイトル:オプションの選択;    選択する項目:トラブルシューティング
  3. タイトル:トラブルシューティング; 選択する項目:詳細オプション
  4. タイトル:詳細オプション;      選択する項目:コマンドプロンプト

STEP3:コマンド入力

  1. コマンドプロンプトからdiskpartと入力。(タイトル:Administrator:X:\windows\SYSTEM32\cmd.exe)
    diskpart
  2. 続いて
    select disk 0

    と入力。(タイトル:Administrator:X:\windows\SYSTEM32\cmd.exe – diskpart)ここでWindowsが入っているディスクを選択している。

  3. 続いて
    select volume=0

    と入力(タイトル:C:\Windows\system32\diskpart.exe)
    ここでは起動に使用したメディア、ここではDVD-Romを選択。

    注:上記ではselect volume=0にてDVD-ROMを選択したが、CD-ROM、USB等と表示されていることもある。
  4. さらに続いて作動メディアに移動。
    J:

    と入力。

  5. Bootディレクトリに移動し、フォルダーのコンテンツを表示する。
    cd boot
    dir

    と入力。

  6. コマンド プロンプトでの仕上げとして、最後に、以下を入力。
    bootsect /nt60 SYS /mbr
    exit

  7. ここまで進めばあと残り少しだけです。STEP4へ進みましょう。

STEP4: PCを再起動する

再起動の方法は、PCの電源を切るなり、プロンプトでEXITと入力後、オプションの選択画面に戻る事で再起動が出来ます。ここではSHUTDOWNコマンドは使えません。
以上が問題なく行えていれば一応Windows 7/8/8.1/10が問題なく使えるようになります。

STEP5:オペレーティングシステムを一つだけにする。

ここは前の修復方法その2、STEP5と同じなので、そこを参照の事

参考URL

改正

  • 2014/02/21 – 記事作成
  • 2014/02/21 ~ 2017/02/15 – 細かな修正
  • 2017/09/25 – 一部JPG系の画像をPNG形式の画像に置き換え(ページの読み込み速度を速める;約650KiB程ページサイズ減少。)

検索用語

HDDからSSD換装 0xc0000225 エラー

Sponsored Links
このページの短いURL: http://pc.thejuraku.com/?p=1320

Comments

  1. 通りがかり says:

    参考にさせていただいて見事治りました!

  2. ☆☆M☆☆ says:

    すごく助かりました。 感謝!!

  3. T says:

    助かりました!
    こちらもHDDからSSDへクローンを行い、起動した後、同じ症状となりました。
    「やっぱりクリーンインストールか・・・」と諦めかけました。
    感謝感謝!

  4. ニンジャー says:

    回復パーティション周りをいじっていたらこの事態になってしまいました。
    メーカーノートPCだったので、修理行きか?と思いましたが、助かりました。

    ありがとうございます。

  5. ノブ says:

    OEM PCで同様のエラーコードでどうにもならずクリーンインストールを考えていたところでした。
    大変助かりましたありがとうございます。

  6. スー says:

    素晴らしい解説です。
    この様なレアケースをここまでまとめられるのは正に神です。
    本当にありがとうございます。

  7. ゴタキン says:

    LENOVO U510 WIN8.1 HDD→SSDクローン後、同じ症状。本稿参照で症状回復。ありがとうございました。

    • 暇人 says:

      無事直ったようで良かったです。他に困ったことがありましたらメニュー上部の「お問い合わせ」かここに返信の形でご連絡下さい(^-^;

149 queries in 3.508 seconds.