DNSルックアップでエラーが発生したため、domainname.comにあるサーバーを見つけることができません。

google chromeで発生する現象ですが、エラーの内容通り、(基本的には)使っているPC、Androidスマホ、iPhone等のネット機器のDNSに問題があることから起こります。エラー内容は以下の通り。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN、DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG

このウェブページにアクセスできません
DNS ルックアップでエラーが発生したため、domainname.com にあるサーバーを見つけることができません。DNS は、ウェブサイトの名前をインターネット アドレスに変換するためのウェブ サービスです。このエラーはほとんどの場合、インターネットに接続されていないか、ネットワークの設定が間違っていることが原因です。ただし、DNS サーバーの応答がない、ファイアウォールによって Google Chrome からのネットワーク アクセスがブロックされている、などの原因で発生する場合もあります。
エラーコード: DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN
もしくは
エラーコート: DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG

方法その1:使っている機器の再起動

一番簡単な方法はこれ。下記を順番に再起動していけばよい。

  1. モデム
  2. ルーター
  3. ネットワークハブ
  4. PC/アンドロイド/iPhone等

特にルーターのDNSがおかしいとき、下記「方法その3」でDNSをGoogleのパブリックDNSに変更すると動くようになるが根本的な解決ではないので、しっかりと解決することをお勧めします。

ちなみに、どの機器がおかしいかをデバッグするときは上記を4,3,2,1と順番に再起動して原因をつかむ。

方法その2:DNSを一度空にしてあげる。

WindowsであればXP、Vista、7、8.x(8.0、8.1)などどれも行う事は一緒です。

・コマンドプロンプトを開き、「ipconfig /flushdns」と入力し、PC、モデム、ルーター、無線LAN機器等を再起動するだけです。

【Windowsキー】+【Rキー】を一緒に押し、「ファイル名を指定して実行」を表示します。

入力できる「名前(O)」に「cmd」と入力し、「OK」とクリックします。

ファイル名を指定して実行 cmd

コマンドプロンプトが表示されますので、

ipconfig /flushdns

と入力し、【Enter】キーを押すと、以下の様になります。IPCONFIG /FLUSHDNS

次に、使用しているモデム、ルーター、無線LAN、PCとネットワーク機器を全て再起動します。

これで問題が解決するはずです。これで解決しない場合は、方法その2を試してみましょう。

方法その3:Googleの無料パブリックDNSサービスを使う。

WindowsであればXP、Vista、7、8.x(8.0、8.1)などどれも行う事は一緒です。

大半の人はプロバイダーから支給されているDNSアドレスをそのまま知らないうちに使っていますが上記のような場合、問題をきたしているわけですから違うDNSサーバーを使うのが良いでしょう。そこで無料DNSサーバーを提供しているGoogle社のDNSサーバーを使う手があります。

IPv4の場合は、以下を入力。

優先DNSサーバー:8.8.8.8
代替DNSサーバー:8.8.4.4

IPv6の場合は、

優先DNSサーバー:2001:4860:4860::8888
代替DNSサーバー:2001:4860:4860::8844

詳細な変更方法はこちら

Windows 8でDNSサーバーを変更するには、Windows 8.1 Lan Ethernet

デスクトップ右下のアイコンを「右クリック」、

Windows 8.1 Lan Ethernet ネットワークと共有センター「ネットワークと共有センター」をクリック、

Windows 8.1 Lan Ethernet ネットワークと共有センター イーサネット表示された〔ネットワークと共有センター〕のダイアログの右側にある「イーサネット」をクリック、

イーサネットの状態 プロパティ〔イーサネットの状態〕が表示されるので、ダイアログ左下の「プロパティ(P)」をクリック、

イーサネットの状態-インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP-IPv4)-プロパティ〔イーサネットのプロパティ〕が表示されるので、〔この接続は次の項目を使用しています(O)〕の中から「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択し、すぐ下の「プロパティ(R)」をクリック、

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP-IPv4)のプロパティ-blank〔インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ〕が表示されるので、

〔●次のDNSサーバーのアドレスを使う(E)〕を選択し、〔優先DNSサーバー(P)〕と〔代替DNSサーバー(A)〕にそれぞれ以下の様に入力。

インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP-IPv4)のプロパティ-dns-server-change

入力後、「OK」をクリックし、今までのダイアログも全て閉じ、ブラウザーが開いていればいったん終了させてから再度ページを開きなおすと有効になっているはずです。

IPv6で行う場合は、途中の「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」ではなく、一つ上の「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)」で同じようにDNSサーバーの値をIPv6の値を入力し、ブラウザーを終了させてから再度作動すると有効になっています。

方法その4:有線にする

そもそも、問題が発生しているのは無線LANで接続している場合なので、見えない電波で接続するのではなく、確実に線が繋がっている有線LANで接続する事で問題が解決します。

DNSが問題ではない場合は、

ちなみに、DNSが問題ではなく、LANケーブルの断線、モデムやルーターが壊れている、ISPへつながらない、ファイアウォールで通信が遮断されている等の場合は、以下になります。

ERR_CONNECTION_REFUSED

このウェブページにアクセスできません
Google Chrome が domainname.com に接続しようとしましたが、拒否されました。ウェブサイトがダウンしているか、ネットワークが正しく設定されていない可能性があります。
インターネット接続を確認してください
ケーブルを確認し、使用しているネットワーク デバイス(ルーター、モデムなど) を再起動してください。
ファイアウォールやウイルス対策の設定で、Chrome からネットワークへのアクセスを 許可します。
ネットワークへのアクセスを許可されたプログラムとして既に表示されている場合は、 いったんリストから削除してから、もう一度追加してみてください。
プロキシ サーバーを使用している場合…
プロキシの設定を確認するか、ネットワーク管理者に問い合わせて プロキシ サーバーが正常に動作しているかどうかを確認してください。 プロキシ サーバーを使用していない場合は次の方法をお試しください: このオプションを無効にするには: Chrome メニュー > 設定 > 詳細設定を表示… > プロキシ設定の変更… > [LAN の設定] の順に移動して、[LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェックボックスをオフにします。
エラー コード: ERR_CONNECTION_REFUSED

改正

  • 2014/6/1 – ページ作成
  • 2014/6/1 ~ 2017/3/15 – 色々と変更
  • 2017/9/27 – 文中の文字列の間違いを修正
スポンサーリンク
このページの短いURL: http://pc.thejuraku.com/?p=1465
139 queries in 2.543 seconds.