chocolateyで既存のアプリをアップデート

前回早速インストールした「chocolatey」というWindowsのパッケージマネージャーで既にインストールしてあるVLCメディアプレイヤーをchocolateyを使って正常にアップデートできるかを検証。

もともとインストールしてあるVLCのバージョンは

  • VLC media player 2.0.6 Twoflower

そして、今回chocolatelyのリポジトリにある最新のバージョンは、

  • VLC 2.07

とりあえず、アップデートの為にコマンドプロンプトを管理者権限で開き、以下を入力する。

C:\> cinst vlc

chocolately-vlc207-inst

chocolately-vlc207-inst2
正常にインストールが終了したと書かれていたので、VLCにてバージョンを見たら、まだ2.06のままだった。
どうやら、っというか当たり前だが、VLCを作動しっぱなしで新しいVLCをインストールしようとしたので、正常にアップデートはされなかったようだ。
とりあえず、再度VLCを終了してからアップデートしてみたら、

'vlc 2.0.7' already installed.

と怒られる。
でも、正常にアップデートされてないんだからもんく言われてもしょうがないよね。
しかたがないので、強制的にインストールさせようとする為に今度はコマンドを以下にする。

C:\> cinst vlc -force

そして、正常に終了した感じだったので、VLCを開いてバージョンを見たら、今度はしっかりと終了していた!

さて、今回このchocolateyを使用してみて思ったことといえば、Windows XPからやっている自動応答ファイルにてWindowsをインストールするときに色々なアプリも一緒に自動的にインストール的な事を思い出した。

コマンドプロンプトのコンソールから見て取れるのは、このchocolateyというのは以下という事、

  • chocolateyのアプリケーション自体かchocolateyが管理しているリポジトリに最新バージョンを問い合わせる。
  • そしてインストールしようとしている同名のファイル名(Upper case及びLower caseが合っている場合)インストールを遂行しようとする。
  • 既に一度、インストールしようとしているアプリケーションをダウンロードしようとしていても、新たにまたダウンロードし直される。
  • そして、アプリケーションをインストール時にサイレント因数をつけてインストールしようとする。

システム管理者にとってみれば使い安い側面もあれば、細い回線を使っている環境の場合は、回線を使用しまくりであまり効率的ではないと言える。しかし、Linuxのapt-getやyumと同じように考えるならばchocolateyは面白いアプリケーションと言えると思う。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: http://pc.thejuraku.com/?p=1282
123 queries in 2.251 seconds.