Windows 10 Anniversary Editionへアップグレード後の不要ファイル削除でどのくらい容量が増やせるのか?

Windows 10 November Update Version 1511 コードネーム “Threshold 2” (TH2) ビルド10586からWindows 10 Anniversary Edition Version 1611 コードネーム “Redstone” (RS1) ビルド14393にアップグレード後、アップグレード前にアーカイブしたファイルを入れなおしたり、新しいユニバーサルアプリケーションをインストールしたりしたいかもしれないが、まずは余分なぜい肉(ファイルやアプリケーション)を削除した方が良い。

まずはディスククリーンアップを作動させてみよう

画面左下の検索ボックスから「ディスク クリーンアップ」もしくは「Disk Cleanup」と入力。すると、スタート画面上部ディスククリーンアップが出てくるのでクリックする。ディスク クリーンアップ

Windows 10にアップグレードのディスククリーンアップ

※「削除するファイル」の一覧は見やすい様に編集されています。

そのあとに、「システム ファイルのクリーン アップ」をクリックし、管理者としてディスク クリーンアップを作動させる。OKを押し、しばらくすると次の画面が出てくる。

Windows 10にアップグレードのディスククリーンアップ 管理者権限実行時

※「削除するファイル」の一覧は見やすい様に編集されています。

アップグレード後にWindowsを使用してて支障が無い場合は基本的に全てにチェックを入れOKをクリックし、ドライブの容量を解放できます。私のPCの場合は21.9GiBという結構な容量を解放できるみたいです。ちなみに違うPCにてWindows 7をインストール後、Windows 10 Anniversary Edition Version 1611にアップグレードしたときは23GiB程容量を開放できますよと表示されました。

「削除するファイル」の一覧

管理者権限無しで削除できる項目

  • ダウンロードされたプログラム ファイル
  • インターネット一時ファイル
  • システムによってアーカイブされたエラー報告ファイル
  • 配信の最適化ファイル
    • Windows 10でダウンロードしたMicrosoft関係のアップデートファイルを他のユーザーへ配信するために用いられている。以下に格納されている。
      root:\Windows\SoftwareDistribution\DeliveryOptimization
  • ごみ箱
  • RetailDemo Offline Content
    • 店頭でWindows 10のすばらしさを体験して貰おう!という試みのファイル。店頭以外では使いようが無い。
  • 一時ファイル
  • 縮小表示

管理者権限有りで削除できる追加項目

  • Windows Defender
  • Windows アップグレードログ ファイル
  • デバイス ドライバー パッケージ
  • 以前の Windows のインストール
    • Windows 10ビルド14393にアップグレードする前のWindows 10ビルド10586で使用されていたファイル群。以下に格納されている。
      root:\Windows.old
  • 一時 Windows インストール ファイル
    • Windows 10にアップグレードした時に使用した一時ファイル。以下に格納されている。
      root:\$WINDOWS.~BT
      root:\$WINDOWS.~WS
あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: http://pc.thejuraku.com/?p=4252
141 queries in 3.252 seconds.