Buffalo 無線LAN規格11g対応 USB2.0接続無線LANアダプタ WLI-U2-KG54をWindows 8 Developer Previewで動かす(Win8 CPを追加)

普通にWindows 7のドライバーをダウンロードしてインストールすれば使えます。


まず、Buffaloのホームページへ行く。URLはhttp://buffalo.jp/download/driver/lan/wli-u2-kg54.html

「WLI-U2-KG54 WLI-U2-KG54-AI用 Windows 7対応ドライバー」をクリック

「WLI-U2-KG54 WLI-U2-KG54-AI用 Windows 7対応ドライバー」をクリック

Windows 7はもう何年も出てるのに未だにβ版!?しかも、2ヶ月前の2011年11月16日。

Windows 7はもう何年も出てるのに未だにβ版!?しかも、2ヶ月前の2011年11月16日。

同じページの下にあるリンクをクリックしてダウンロードする。

同じページの下にあるリンクをクリックしてダウンロードする。


Windows 8 DPのデバイスマネージャーのページを見るとビックリマークがある。差しただけでは認識はするけど、ドライバーは自動的にインストールしてくれないみたいだ。

Windows 8 DPのデバイスマネージャーのページを見るとビックリマークがある。差しただけでは認識はするけど、ドライバーは自動的にインストールしてくれないみたいだ。

プロパティーの画面からUpdate Driverをクリック

プロパティーの画面からUpdate Driverをクリック

Browse my computer for driver softwareをクリック。

Browse my computer for driver softwareをクリック。

先程ダウンロードしたWLI-U2-KG54を解凍した先を選択。で、NEXT。

先程ダウンロードしたWLI-U2-KG54を解凍した先を選択。で、NEXT。

インストール中…

インストール中…

インストール成功!

インストール成功!

デスクトップ右下にワイヤレスのマークが!

デスクトップ右下にワイヤレスのマークが!

接続できそうなネットワークが表示されているので、

接続できそうなネットワークが表示されているので、

電波が一番良いのをクリック

電波が一番良いのをクリック

セキュリティーキーを入力

セキュリティーキーを入力

どっちでもOK。

どっちでもOK。

デバイスマネージャーを見るとちゃんとインストールされているのが分かる。

デバイスマネージャーを見るとちゃんとインストールされているのが分かる。


以下Windows 8 Customer Previewにて

Windows 8 Developer PreviewからCustomer Previewへアップグレードする前に既にWLI-U2-KG54のドライバーをインストールして使えるようになっていたのだが、アップグレードした際に勝手に削除されたみたいです。基本的にインストール作業はDeveloper Previewの時と同じですのでドライバーのインストール作業は省きます。

Developer PreviewとCustomer Preview時の無線LANの接続の違いは位置が少々変わっただけのようです(最低限見た目的には)。

接続できそうなネットワークが表示されているので、

接続できそうなネットワークが表示されているので、

電波が一番良いのをクリック

電波が一番良いのをクリック

セキュリティーキーを入力

セキュリティーキーを入力

どっちでもOK。

どっちでもOK。


多分Developer Preview → Consumer Preview → 次?
という感じで次のもこの次に乗せる事になるかと。間違いさがし以外には役にたたないですが。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: http://pc.thejuraku.com/?p=814
140 queries in 1.972 seconds.